mhfzアビオルグの弱点!これを読んで相手の動きを見抜け!

はじめに

みなさん、どもども!

さて、今回のお題は??
アビオルグ!しかも、じゃくて~ん!!
私、モンハントライから、このフロンティアに移行してきたわけですが
最初このモンスターを見たときに、イビルジョーに動きが似ている気がしました!
容姿は若干違うものの、雰囲気はそのままでした。
武器も結構カッコいいのが多かったので連戦した記憶があります!
てなわけで、そろそろいきましょうか!
まずは、いつものやつからww

スポンサーリンク

生態と特徴

部類・獣竜種
名称・獰竜(どうりゅう)
生息地・密林、雪山、沼地、樹海

独特な形状の角と先端が大剣のように発達した尻尾、そして背中に立ち並ぶ骨板が特徴で
非常に獰猛で執念深く、一度獲物と見なした相手に対しては息の根を止めるまで攻撃をしまくると言うほど・・なんという奴じゃ!!
時には自身よりも大型のモンスターにも積極的に襲い掛かり、捕食してしまうこともある。
その凶暴性から「獰竜」と呼ばれています!
同族と意思を通わせるようなモンスターであり
これを裏付けるように、二頭のアビオルグが行動を共にするクエストも存在します。

鋭い牙と刃物のような形状をした強靭な尻尾、そして恵まれた体躯を武器とし、
一撃一撃が絶大な威力を誇っています!
距離を離した相手に対しても、口から吐く炎のブレスや強靭な脚力での跳躍で襲い掛かる。
背中の骨板は身を守るためのものとされているが、身体が熱くなるとここから熱を放出したり、寒くなると保温したりと、体温調節の役割も担っている。

頭部から後方に向けて伸びた二本の大きな角を持つが、
これは頭骨の一部が隆起して出来た突起に、皮膚が被さったものと考えられており
また、興奮状態になると背中の筋肉が隆起し、背中に生えた骨板が大きくなり、皮膚が赤みを帯びる。
これは興奮による血管の膨張が原因とされているが、
この変化は身体の一部を大きくして力を誇示したり、威嚇するためのものではなく、
血流量を増加させて運動能力を向上、つまり単純に攻撃力を高めるための変化みたいです!

さらに、その興奮の度合いによって行動のパターンが複雑に変化していく。
次々に繰り出される速度と重さを兼ね備えた猛攻は、止まることが無く
この時、口内より酸性度の高い消化液を分泌することにより、
これに、触れると防御力が低下し、
どんなに硬い皮膚を持つ相手に対しても致命傷を与えることができる。
触らぬように!!

主な攻撃パターン

猛進
従来の歩行行動が早くなり
ホーミング性は全く無く、狙ったハンターを突き飛ばして止まる。
ガードはできます!

棘飛ばし
尻尾をゆっくりと振り回し、複数の尾棘を後方のハンターに目がけて飛ばす。
その棘はさながら鋭利なナイフである。

尻尾振り落とし
怒り状態での攻撃。
最大怒り状態で3回ハンターを攻撃した後、その場で軸合わせをすることが合図となっている。
ゆっくり外敵を見定めるように後ろを見ながら尻尾を持ち上げ、
岩盤がめくれ上がるほどの勢いで思いっきり叩き付ける
威力は非常に高く、上位でも直撃すれば大ダメージを喰らう恐れが・・
後方注意です!!
使用すると尻尾が地面に埋まりしばらく動けなくなるため、その隙に一気に攻撃を!!

打ち上げブレス

最大怒り状態のフィニッシュ攻撃。まさにアビオルグ最大の奥儀ww!
最大怒り状態で3回ハンターを攻撃した後、軸合わせを行わずにその場で尻尾を思いっきり一回転させ、
範囲内のハンターは膝崩れ気絶状態になる!ぴよぴよって感じになりますww
そうして動きを止めておいて、再度尻尾を一回転。次は被弾したハンターを打ち上げる。
そして渾身のチャージブレスを放ち、打ち上げたハンターを吹き飛ばす。
ほぼ、致命傷になります。
このチャージブレスは単発で繰り出すものよりも威力が大幅に上がっており、
そもそも初撃・2発目で十分なダメージを受けてしまっているため根性スキルは貫通し、
G9以前では当該ランクの装備は直撃すると味方の救援なしでは確実に即死する代物だった。
G9.1で剛種の攻撃力は緩和されたがそれでも瀕死又は即死という大技である。
しかも軸合わせをしないため、予備動作は皆無に近い。

でも、タイミングが確定しているため、
最大怒り状態で3回ハンターを攻撃した後に速やかに尻尾の射程外から逃れておけば容易に回避できます!
ハンターに同じ技は通用しない!!ww

2連チャージブレス
【G級時に使用】
唐突に上半身を持ち上げ、口に熱気をチャージするのが予備動作である。
アビオルグから見て左側に噛みつくように動きつつ口元で大爆発を起こし、
すかさず右側へ振り返るようにして同様の大爆発するブレスを放つ。
派手な見た目に違わず、被弾した際のダメージは高い。
身体の大部分をカバーする爆発が二連続で発せるため、近接では警戒すべき技。
幸いにも予備動作が長いため、判別は容易である。

まだまだ、紹介しきれないほど攻撃パターンがありますが、
これだけでも分かれば、動きやすいですよね~
全部分かっちゃうと面白くないので、ここまでで!ww

弱点属性と肉質

今回はG級をチョイス!

出展元http://loxxol.com/mhf/monster/262/

出展元http://loxxol.com/mhf/monster/262/

氷、雷、水の順番ですかね!
あと、尻尾は切れない感じです。
では、今回のまとめを!

まとめ

1・非常に獰猛で執念深いモンスター!
2・二頭のアビオルグが登場するクエストがある。
3・一撃一撃が絶大な威力を持つモンスター!
4・氷、雷、水の属性に弱い!!

では、またです~

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする