MHFZで烈種ディオレックス。攻撃を無効化する絶対防御に弱点は?

みなさん、ハロー(^^)v
ついに、来ましたね烈種。
G級モンスターですね~
覇種よりも強い、私よりも強いww

え、どれぐらい強いかって?
その強さは、しないと分からん、分からんww
と、言うわけで今回は、もちろん特徴、お決まりの攻撃パターンと言う感じで進めたいと
え、なにか忘れてないかって?
はて?( ̄▽ ̄;)・・・

スポンサーリンク

特徴

まずは、特徴から
『何処にすんでるの?』 樹海の頂上だよ!
『色は何色?』 青いね~
『大きいの?』 うん!まあまあかな~
『なに食ってるの』  しらな~い( ̄▽ ̄;)・・・

失礼、種族は飛竜種、正式名称は雷轟竜(らいごうりゅう)
磁性を持つ鉱石の鎧、アーマーを体に纏っています。
纏った鉱石は、ディオレックスの高電圧の影響で蒼色になってる感じです!
一定の攻撃をあてると、鉱石が剥がれ落ち灰色の地肌が・・・
まさに、頭の部分はハゲのような感じにww
体内の至る所に発電版があり、とくに頭、両腕、両足、尻尾の発電版は非常に強力であり
ピカチューよりも凄いかも・・・
そして、この電磁力を応用し地形変化の攻撃をしかけてきます!
てなわけで、攻撃パターンへと

攻撃パターン

  • 大咆哮
開幕時確定で使用。体を動かしつつアーマーを纏い、3回動いた後に纏い終え、放電を伴う大咆哮を発する。
ものすごい威力を持っており、
HRハンターの防具では開幕即死級威力の攻撃を行ってくる
烈種では防御力を十分高めていても即死がありうる。
  • 回転攻撃
片腕、片脚に電気を纏い小ジャンプしつつかがみ込み、その後横方向に回転しながら突き進む。
回転移動する方向は体勢や発光部位で見極めることが可能。見極めづらくても、横方向は危険と思ったほうが対処しやすいか。
見た目に反して当たり判定は発光した部位のみで、張り付いていなければ前脚を警戒していくことになる。
5/4回転するので回転方向前方は2回来るため注意が必要。
  • 回り込み⇒噛み付き
頭部、尻尾を発光させつつ、尻尾をしならせながらかがみ込む体勢を作る。
その後ディオから見て左側から直進する形で高速で回り込み、放電を伴う噛み付き攻撃で正面にいるハンターに不意打ちを仕掛ける。
回り込むディオレックスにも判定があり、かつ回り込み終点で尻尾を振り回してくるため注意。
振り回す尻尾を回避すると位置の関係で噛み付きは当たらない。
  • 電磁岩飛ばし
片腕を発光させつつ軽い予備動作を行い、その後光った腕に対応した方向にサイドステップで回り込み3WAYの岩飛ばしを行う。
ティガの岩飛ばしを回り込みつつ行う、という感覚である。
ティガのと比べて岩の弾速は遅め、かつ中距離で爆ぜるようになっている。
  • 電磁突進
後ろ足を光らせ、長い予備動作の後前方に突っ込む。直進なので横に退避することで簡単によけられる上に後ろ足に張り付いていれば当たらない。
他の攻撃動作と比べ、予備動作時間が長いので発光部位に畳み掛けることが出来る数少ないチャンスか。
  • 壁ジャンプ
後ろ足と尻尾を光らせ、その後尻尾で地面を抉り即席の壁を作った後、吠えつつ壁に張り付き、前方に飛びかかる。
動作がかなりわかりやすく、かつ長いので対処は容易だが壁に張り付く際の吠える動作に音圧判定がある。
  • 3連咆哮
軽く後脚で地面を引っ掻いた後、左⇒右の順に吠え、最後広範囲に判定が及ぶ咆哮を行う。
咆哮時に対応する後脚が発光する。最初の2咆哮は反対側の脚側まで届かず、
3回の咆哮共判定が一瞬なのでうまく回避し、攻撃チャンスを作っていきたいところ
  • 電磁レーザービーム
岩飛ばしに似た予備動作を取り、回り込んだ後に回り込んだ方向の反対側180°程をレーザーでなぎ払う。
見た目に反して威力は低いが、発射、薙ぎ払いの速さが脅威となる。
岩飛ばしとは大雑把に見ても、頭が光る点でどちらが来るか見極めることが可能。
近距離では回り込みの本体判定も考慮すると270°近く攻撃範囲があり、広いので注意を!
  • 浮遊とびかかり
バックジャンプした後電磁力を腕に纏い、
地面を叩いて前方左手前、右中距離の地面を浮遊させて手前の地面から飛び移って行き、
3回目で直進して地面に着地する。
予備動作がわかりやすいバックジャンプなので、回避は簡単。OK!
ただし浮遊する地面に直撃すると打ち上げ→飛び移るディオに当たるor岩盤落下の追撃ダメージを受けてしまう。
攻撃力自体はそこまで高くないが、真根性で耐える戦法だと容易に貫通するので注意。

防具

今回はこいつの防具の性能を紹介

  • ディオレGF剣士
  • 部位 スロット スキル スキル スキル スキル スキル
    ○○○ 絶対防御+8 達人+7 回避性能+6 砲術師+6 食事+5
    ○○○ 絶対防御+8 切れ味+6 回避性能+6 溜め短縮+6 研ぎ師+6
    ○○○ 絶対防御+8 達人+7 根性+6 剣術+5 風圧+6
    ○○○ 絶対防御+8 切れ味+6 匠+5 底力+5 聴覚保護+6
    ○○○ 絶対防御+8 達人+7 匠+5 溜め短縮+6 いたわり+6

  • ディオレGFガンナー
部位 スロット スキル スキル スキル スキル スキル
○○○ 絶対防御+8 達人+7 回避性能+6 底力+5 食事+5
○○○ 絶対防御+8 聴覚保護+6 回避性能+6 貫通弾強化+6 耐状態異常+6
○○○ 絶対防御+8 達人+7 根性+6 反動+6 耐震+7
○○○ 絶対防御+8 溜め短縮+6 反動+6 精密射撃+6 弾調合+6
○○○ 絶対防御+8 達人+7 反動+6 貫通弾強化+6 いたわり+6

絶対防御体制

全部の部位に絶対防御と言うスキルがついてます。
こいつが、実装された時に始まった新しいスキルです!
20で発動するこのスキル、当時はみんなこれ着けてましたよね!

堅固な守りによって、モンスターの攻撃を無効化する
雑魚モンスターでも、被弾でも、攻撃を受ければ効果は消える。
次の効果が発動するまで、少しずつ時間が延びて行く!
今現在では、調整されて一度効果が発動すると、
守備が整うまでの間は攻撃力が低下しちゃいます。

まとめ

こいつを攻略するには、まずは硬い鎧を
剥がさないととキツイですね!
それがこいつの、弱点につながる気がします。
オレンジ色に光る部位から、攻撃していくと剥がれやすいみたいです。
動きが早いため、なかなかオレンジ色の部位に
当たりませんが
是非、おためしあれ~

でわ、またです~!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする