MHXの楽しみ方は千差万別?自分にあった独自のスタイルを極め方とは?

http://yiankutku.com/wp-content/uploads/2015/07/mhx.jpg出展元

モンスターハンタークロス(MHX)は前作の4Gを引き継いだ点と、
新しく加わった新要素も多数盛り込まれ、
任天堂3DSソフトとして発売されました。
今回は、MHXの楽しみ方と新要素スタイルを中心にお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

新要素盛りだくさん!

狩技

MHXでは狩技という要素が追加され、
14種類の全武器にそれぞれセットできるようになっているため
クエストに合わせて選ぶことが重要となってきます。

この狩技を使えるようになるのは3つの条件が必要になってきます。
・村人の吹き出しに合わせたクエストをこなしたあとベルナ村のカリスタ教官に話をする。
・特定の村人と会話をする(村人特定の条件をクリアしたあと)
・クエストクリア時にリザルト画面で解放される場合も。

狩技はそれぞれの武器共通のと、固有別になっているものがありますので、
使い分けていくことが大事になってきます。
狩技にはゲージがあり、ゲージが溜まると使えるようになりますので
必殺技だと思ってビシバシと使って堪能してみてください。

私のおすすめの狩技は大剣固有の「地衛斬」。
何がおすすめって大剣なのに距離が多少離れていても
モンスターに食らわせることができる点です。威力も大きいですしね!
地面を擦りながら、大剣から放たれる衝撃波は見ものです。
このように、全ての武器に狩技がありますので試してみてください。

(出典元 https://game8.jp/archives/38613

狩猟スタイル

新要素である狩猟スタイルには4種類存在します。
これを極めることがMHXの攻略のポイントでもあり、最大の楽しみ方でもあります。
なんといってもハンターは個性の塊ですから、
スタイルと狩技を組み合わせるとMHXの魅力が思う存分味わえます。

ギルドスタイル・・・
前作までのモンハンのようにプレイしたい人向けで、狩技が2つ付けられ結局このスタイルを好む人は多いです。

ストライカースタイル・・・
狩技が3つまでセットできる上に比較的に、狩技ゲージが貯まりやすいのも特徴です。

エリアルスタイル・・・
狩技は1つしか付けられないが、ジャンプした時など
空中での攻撃が自在にできるのが特徴です。モンスターを踏み台にした
特殊技も繰り出せます。しかも踏み台にしたときは一定時間無敵です。おすすめです!

ブシドースタイル・・・カウンター攻撃が好きな人におすすめのスタイルです。
攻撃をかわした瞬間に反撃をするので渋めですが慣れると多用したくなりますよ。

解説動画

こちらの動画でより詳しい解説がありますのでご覧あれ!

私のおすすめ組み合わせは
エリアルスタイルで大剣装備です!
はっきり言って無敵じゃないかと思うぐらい強いですよ!
なにより楽しいです。

だってジャンプしながら溜め斬りはできるし、
敵が攻めてきたら突っ込みながらジャンプすれば踏み台にし、ほぼ無敵状態に戦えます。
正直、モンハンで次回作からこれが使えなくなったら、
うまく立ち回れるか不安になるぐらいです。

(出典元http://cabbagefield198.hatenablog.com/entry/2015/12/20/164123

ニャンターモード

これもMHXならではの新たなる新要素です。
過去作ではサポートとしてしか活躍できなかった
オトモアイルーがMHXでは操れるようになりました。

クエスト出発前にハンターモードではなく、
ニャンターモードを選んで出発するだけです。
このニャンターじゃないと行けないクエストも存在するので
ぜひチャレンジしてみてください。

ニャンターモードの大きな特徴としては、
ピッケルや虫あみがなくても発掘等できるので
採取のクエストはニャンターで行くとかなり便利ですよ。
ちなみにニャンターもハンターと同じ扱いなので
オトモアイルーも連れていけて、戦闘はもちろん楽しい狩りになること間違いなしです!


(出典元 http://www.aki-la.com/mhcross/newelement/airou_nyanter.php

これ以外にも、二つ名と呼ばれるモンスターの登場や
新モンスターなど新要素が盛りだくさんありますので
MHXの楽しみ方は千差万別、まずはスタイルを極めてチャレンジしてみてください。
きっとハンターの世界がまた一段と楽しいものになります。

まとめ

新要素盛りだくさん
・狩技・・・・・・・・・全武器共通と固有別がある。
・狩猟スタイル・・・・・4種類のスタイルがあり。
・ニャンターモード・・・アイルーが操れ、採取には最適。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする