ミラバルカン倒し方は!?この弱点属性を使えば簡単攻略!!

(出典元:http://livedoor.blogimg.jp/nakamuonline/imgs/6/6/66692be2.jpg

ミラバルカン・・・知っている人はあまり多くない、「紅龍」とも呼ばれその正体は黒龍ミラボレアスの亜種である。ミラバルカンとは俗に通称として呼ばれています。

ミラボレアスの亜種と聞けば、その恐ろしさはモンハンをやっている人はよくわかると思います、初心者でもこれを読んで戦ってみれば「こいつか・・・」と思わず納得してしまうほどです。

今回は、そのミラバルカンの特徴と攻略法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

ミラボレアスとの違い

(出典元:http://mh4info.com/monster/detail/?no=101

画像でもわかるとおり、異常な程左角が大きくなっています。

これは俗説ですが、人間に撃退された黒龍ミラボレアスが火山で傷を癒した姿であり、
人間に対しての怒りが身を紅く染めた姿と言われています。

その証拠となるのがこの左角です。なぜなら、黒龍ミラバルカンの左角は破壊可能部位でこれを癒し怒りが、この異常な角の長さになったと言われています。
つまり、黒龍ミラボレアスと紅龍ミラバルカンは同一個体なのです!

なお、ミラバルカンの角は、ミラボレアス同様に部位破壊可能となっています。

ミラバルカンの戦闘能力

(出典元:http://imitation0810.blogspot.jp/2014/05/blog-post.html

ミラバルカン?黒龍ミラボレアスと一緒だし、亜種ならちょっと攻撃力と体力が上がっただけでしょ、余裕・・・。

全然違います!

黒龍ミラボレアスでもモンハンのモンスターの中でも最強クラスを誇るのに、ミラバルカンは遥かにそれ以上です。

並みの防具で、軽く戦いに行ったらまず3乙必死です。
あえて例えるなら、冬山の富士山に余裕かまして軽装で行くようなものです。

まずは、凄まじき破壊力に耐えられるように対策を立てねばなりません。

ミラバルカンの主な攻撃と対策

メテオ・・・何よりも頻繁に繰り出してくる攻撃で隕石を複数落としてきます。
メテオの着弾点は赤くなるために回避可能!
当たると火属性ヤラレになります。

火球吐き攻撃・・・前方に火球を吐いてきます。
空中からと2段階あり、受けると火属性ヤラレになります。

ボディブレス・・・ミラバルカンの前にいると繰り出してくる攻撃で、地形が変わるほどの威力がありますので、目の前にいるときは必ず注意が必要です。

大爆発ブレス・・・火球が着弾したあと大爆発を起こします、口に火を溜める動作をしますので、動作を見逃さないように!

このように、火属性の攻撃を多くしてきますので、火属性耐性が高くなる防具がオススメです。

ベルナの心もオススメのアイテムです。

おすすめアイテム

(出典元:http://www.capcom.co.jp/monsterhunter/XX/sp/pr/07.html

・クーラードリンク
・生命の粉塵
・モドリ玉

最低限、この3つは必ず持っていきましょう。

暑い所でミラバルカンと戦うのに、クーラードリンクがないのはやる前から自殺行為です。

生命の粉塵は仲間全員に回復薬Gの効果が得られますので、調合分も持っていくことをオススメします。

モドリ玉については、支給ボックスにありますが念のため持っていくことをオススメします。それだけ破壊力が凄いと思って頂ければ。

ミラバルカンの弱点!

(出典元:http://blog-imgs-68.fc2.com/s/i/n/sin906/20140222143723456.jpg

さて今回の本題です、ズバリ弱点は・・・顔です!
なんといっても肉質が一番柔らかい。

しかし、なかなか難しいと思うあなたに朗報なのは、比較的に乗りができるので乗りでダウンしたところをフルボッコにしましょう。

そのため、エリアルスタイルで臨むのもいいかもしれません。

相性のいい武器は、古龍ということもあって龍属性武器が一番効きます。
どうしても無いよという方には、氷属性武器でもそれなりに攻略できます。

ミラバルカンには、罠が一切効きません!

乗りでダウンしたとこを、龍属性武器で顔を狙う。これがミラバルカン攻略の近道です。
破壊力がすごいので、予備動作を見ながら乗りを積極的に狙っていきましょう。

ミラバルカンは、モンハンをやり尽くした人でも苦戦します。
逆に言えば倒したあとの爽快感は、想像を絶します。
(疲労感も凄いですが・・・)

だからこそ、やりがいがあるのが対ミラバルカンです。

まとめ

・火属性耐性の防具を付ける
・乗りを狙っていく
・龍属性武器を装備する

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする