ナルガクルガ!!初対面時の印象と、素材から作れる武器の魅力とは…?

https://pic.prepics-cdn.com/arashistore/19191603.jpeg参照元

ナルガクルガはイケメン!!!うんイケメンである。

きましたナルガクルガ!村クエ上位樹海の迅竜!で対峙することになります。
いやぁしかしナルガクルガはカッコいいですねぇ〔´∇`〕
モンハンやってる人でしたら一度は見たことがあるのではないですかね。
けどまこのイケメン(雌ならあるいは美人?)は凶暴ですよ笑
あの暴れトカゲことティガレックス同等かそれ以上に凶暴です。

さてこの何故迅竜とよばれてるのか。みなさんお察しのとおり単純に速いからです。
といってもティガレックスより少し早くて攻撃の手数が多いくらいなので、ナルガの動きを覚えていけば狩れます!
ナルガの事は以後イケメンとよびます。

スポンサーリンク

武器・防具・アイテム

武器は初めて攻略する場合は動きやすい片手剣・双剣・太刀がいいと思います。
慣れてくれば大剣やハンマーもいいかもしれません。
弓やボウガンも立ち回りをうまくできるなら有効です。
上位クエストなので弱点属性の事も考えるといいですよ。
自分は火属性の太刀で行きました。
弱点属性は火の次に雷が有効です。

防具は回避性能を重視してください。
回避が高いとイケメンの動きにもついていけます。

アイテムは
音爆弾や閃光弾
強走薬グレート
鬼人薬グレート・怪力の丸薬
シビレ罠
といった感じですね。

準備ができたらいざイケメン狩り!!!

まず、マップ見ましょう。


https://cdn41.atwikiimg.com/mhp2g/?plugin=ref&serial=281参照元

事前知識

イケメンはエリア5にいます。
初めての場合はムービーが流れます。

さて、最初のほうでティガレックスより少し早く手数が多いくらいと言ったんですが、相手は迅竜の名を持ちますから当然初心者にとってはスキのない動きに見えます。

攻撃パターン

そこで自分は慣れるためにイケメンの動きを観察しました。
あ、言っておきますけど狩るための観察ですからね?
イケメン見て目の保養とかじゃないですよ?
そもそも自分は男でそっちの気はないです。お姉さん大好きです。←無駄情報

話を続けます。イケメンの動きを観察してある程度パターンを把握して攻撃していきました。
自分が特に注意したのは連続飛びかかり鱗とばしですね。
連続飛びかかりは右→左→右又は左→右→左といった感じで飛んできます。
これは二回攻撃の場合もあれば三回四回と攻撃する場合もあります。
四回攻撃の場合尻尾にも判定があるので気をつけましょう。

次に鱗とばしです。
鱗とばしは予備動作が長いと鱗の数が増え、飛距離が長くなります。
しかも範囲も広いので鱗とばしの予備動作に入ったらすぐにイケメンの後ろに回避しましょう。

イケメンの弱点は頭と尻尾なので狙っていきましょう。
自分はまだ初めての時、尻尾は狙わず頭に集中しました。
まだ慣れないときは攻撃する部位を絞って狩るのが有効です。

そしてイケメンの最大の特徴が怒りの時に目が赤く光ることです。
これは中々カッコいいですよ(^_^♪)
目が赤く光って動くと軌跡を残します。
さらにしっぽの鱗が逆立ち動きが速くなります。
ただもし、怒りやすくなってる場合はイケメンの体力が少なくなってるという証拠です。
怒り状態の尻尾なぎ倒しが回避できない場合は、尻尾に向かって回避動作をとると回避できます。

怒り状態の時、閃光玉で目が眩んでる場合のバックステップ後の動作は長い溜めの連続攻撃があります。
この長い溜めの時に音爆弾を投げるとダウンしますのでやってみてください。

弱ってきたら・・・

今度は自分の巣にいきます。
場所はエリア5の樹の上です。そこにいって攻撃は出来ません。
近づくと起きて降りてきます。
あとはそこで倒すのもいいですし、あるいは捕獲してもいいと思います。
自分は倒しました。
参考動画を載せておきます

イケメン攻略まとめ

↑なんか恋愛ゲーム見たい笑
・動きやすい武器でいく。属性は火か雷。
・閃光玉、音爆弾を持っていく。
・強走薬グレード、怪力の丸薬、鬼人薬グレードを持っていく。
・シビレ罠をもっていく。
・回避を重視する。動きを観察する。
・怒り状態を利用してダウンさせたりする。
こんな感じですね。

ちなみにナルガの素材からできる武器は会心率が凄まじいです!!!
作って損はないので捕獲するなどして素材を集めていきましょう!
そしてナルガ装備もイイ!!!
特に女性用!セクシーですよ(o´艸`)ムフフ

最後に、自分はいたってノーマルです!!←どうでもいい

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする