リオレウスのブレスと毒爪の3つの対策!!迫りくる恐怖からの回避

http://www.mhp2-g.com/imgs/monster/MHFSS_MO_011.jpg参照元
ハイきましたリア充モンスターの一角、リオレウス!!またの名をリオ充!!!
レウスとレイアのコンビは有名ですよね~。
仲睦まじい様子を見ているとハンターの狩る気が200%アップするのが特徴です。
モンハンには良いアイテムがありましてねぇ、爆弾があるんですよぉ。
だからリア充爆発しろなんて事を実現できるわけですねぇ。
やってやりましょう!!
そういうわけでリオ系のクエストにはアイテムに爆弾を持っていきましょうか。
ちなみに今日はリオレウス討伐令を攻略します!

ん?自分は彼女いないのか?それは秘密ですよぉ笑←訊いてない

スポンサーリンク


武器・防具・アイテム

リオ系はホント太刀と相性がいいです!!
尻尾も爪も顔面もすべてボコボコに出来る程の相性の良さです!!
是非太刀でいってみてください。
属性は龍と氷ですね。

防具は高級耳栓を付けましょう。

アイテム

・爆弾
・罠
・閃光玉
この三つは必須ですよ。
あとは回復薬や砥石の他に強走薬などを持っていきましょう。
鬼人薬グレートがあればなお良しです。

準備できたらいざリオ充爆破しに行きましょう!!


https://www41.atwiki.jp/mhp2g/pages/81.html参照元

基本エリア3,4にいます。
見つけたらまずペイントボールを付けましょう。

リオ充コンビだと大体こんな感じになりますね。
リオ充:いちゃいちゃ♡
若かりし頃のとあるハンター:(#^ω^)ピキピキ
友人ハンター:まあそう怒るなよwwww
若かりし頃のとあるハンター:ウルサイッ!!(メ ̄Д ̄)ノシュッ===Σ(⊂囲⊃゚;)モゴッ

まったく何やってんですかねぇ笑

攻略

さて、リオレウス攻略について書いていきます。
個人的にはリオレウスの方が狩りやすいと思います。
隙が多いので顔も狙いやすいですし、尻尾も切りやすいです。
基本的に横から近づいてリオ系は攻撃するのがやりやすいかと思います。

毒爪

レウスがレイアと違うのは毒爪ですね。
ブレス攻撃はどちらもしてきます。
レウスの毒爪ですがこれかなり厄介でして、射程距離がすごい広いです。
空中ブレスと同じくらいの射程ですので、レウスが飛び上がったら緊急回避の準備をしましょう。
そしてこの毒爪攻撃は単に毒状態になるだけではありません。
爪で引っ掻かれるダメージ・気絶・毒 この三拍子がそろっています。
これは気絶しているので回復が出来ない状況になり、気絶している間他の攻撃を受けてキャンプ送りになったりするのでしっかりとレウスの動きを見ておきましょう。
羽をバタバタさせていたらたいてい毒爪攻撃です。

ブレス攻撃

次にブレス攻撃ですが、ブレス系は回避するのが簡単です。
まず普通のブレスはレウスの後ろ側に回避行動をとっておけば大丈夫ですし、空中ブレスの場合はレウスの下に回避すれば大丈夫です。

そしてレウスは空中強襲をしてきます。
基本レイアより空中に飛びやすいのがレウスの特徴です。
エリアの周りをしばらく飛んだ後に空中からハンターに攻撃してきます。
これもダメージが大きく毒状態になります。
この滞空時間ですが中々長いです。
クエストの時間制限があるので中々ムカつきますね。
この空中強襲を回避する方法ですが緊急回避と閃光弾の二つがあります。
閃光弾で撃墜するにはタイミングを合わせないといけないので慣れるまでは緊急回避を優先しましょう。

閃光玉

閃光玉ですがこれは空中ブレスなどにも有効ですからどんどん使っていきましょう!!

最後にレウスの咆哮ですがこれは高級耳栓があれば大丈夫です。
ですが高級耳栓を付けていない場合は注意しましょう。
こちらが硬直している間に突進攻撃をしてきます。
これも大ダメージですから要注意です。

リオ系は他のモンスターに比べて尻尾が切れやすいです。
尻尾側は頭側に比べて安全ですからダメージを与えるついでに尻尾を狙ってみるのもいいかもしれません。
そして脚も弱いので太刀で斬り下がりなどをして転ばせたりすると狩りを有利に進められます。

弱ってきたら脚を引きずります。
その後エリア5で休みをとります。
ここで捕獲するのが素材集め的にも良いかもしれません。
先に周りにいるランポスを狩った方がいいでしょう。

参考動画

レウス攻略まとめ

・爆弾・罠・閃光玉を持っていく
・龍か氷属性の太刀を使う
・防具に高級耳栓
・尻尾側を狙っていく
・毒爪攻撃や空中強襲は緊急回避で避ける
・弱るとエリア5に移動する
こんな感じです。

リオ充狩り頑張りましょう!!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする