水獣ロアルドロス!水をかわし簡単に尻尾を切断をする方法の紹介!!

(出典元:http://www.inside-games.jp/imgs/zoom/612253.jpg

淡水でも海水でも関係なく、水の豊富な地で生息するロアルドロス。
初心者でも中々戦いやすいモンスターです。
大きな特徴としては、エアバックのように膨らんだたてがみと、頭部に生えている5本の角のようなトサカでしょうか。今回はこのロアルドロスの特徴と部位破壊をご紹介します。

スポンサーリンク

ルドロスのボス

(出典元:http://x.mh4info.com/monster/detail/?no=122
ロアルドロスはルドルスの雄個体が大型化したもので、常に10匹程度の雌ルドロスを従えてボスとして君臨しています。
ルドロスは乾燥にめちゃくちゃに弱いので陸上生活は厳しいですが、ロアルドロスは黄色いたてがみに水を保有することによって、陸上でも長い間いられるようになっています。
ルドロスはハンターを見つけるとすぐ接近してきますよね大勢で、その割にロアルドロスを倒すと逆に逃げて行きます。この感じ中々好きです。

戦闘でも使ってくる水

(出典元:http://www.scoopnest.com/ja/user/CAPCOM_MHB/653562516237225984

たてがみに蓄えた水を戦闘でも使ってきます。
粘液として造り変え、ブレスとしてハンターに吐き出してきます。
時には一直線に、または走りながら左右に吐き出してきます。
くらったハンターは、水属性やられを起こすので、ウチケシの実が必須となってきます。
また画像のように全身を使って地面に飛び込むため、水のない場所でも水浸しになります。
予備動作を見極め、水を上手く避けることがロアルドロスの部位破壊のコツのひとつになります。

弱点

(出典元:http://games.gaym.jp/PSP/monster_hunter_portable_3rd/mb_mon_details_60_00.html
いくらたてがみに水を含めても陸上では限界があり、徐々にたてがみが萎んでいきます。そうなると疲れやすく、水を求めて補給しに行きます。
火属性の武器で背中をガンガン狙いましょう!
疲労してくると水ブレスが不発になるので、攻撃チャンス!
全体的に皮膚は柔らかめです。

部位破壊

(出典元:http://karigezima.com/wp-content/uploads/2015/11/1-min141.jpg

ロアルドロスの部位破壊は
トサカ
たてがみ
尻尾
の3箇所です。

トサカの部位破壊は、ダメージがたてがみに吸われてしまうことがあるので注意が必要です。トサカを破壊すると水獣のトサカ等の報酬が貰えます。

たてがみはスポンジのような部分にダメージを与えていくと、完全に空気の抜かれた状態になり、ボロボロになります。この状態が見た目には輪切りしたバナナに見えるという方が非常に多いです。
入手できる素材は狂走エキスなどです。
ボロボロにしなくても、見た目は黄色いバナナですけどね( ´▽`)
尻尾については、切断が必要になりますので武器さえ間違わなければ大丈夫です。
入手できる素材は、水獣の尻尾等です。
ちなみに尻尾を切断したときに、ルドロスに囲まれたりで、たまに水に紛れて見失い剥ぎ取り忘れをすることがあるので注意です。

ちょっとイラっとくるパンチ攻撃

巨大な体格をしている割には、短くて可愛く見える前脚があります。
ロアルドロスの横に立ち回って攻撃していると、この可愛らしい手でたまにパンチを繰り出してきます。
これをくらうとカウンターでやられたボクサーのように、ハンターも一瞬カクンとなります。この瞬間イラっと来てしまうんですが皆さんはどうなんでしょう?私が短気なだけでしょうか。

ロアルドロス攻略参考動画

有効アイテム
・ウチケシの実・・・やっかいな水やられをあっという間に直してくれます。
・落とし穴からの大型タル爆弾・・・部位破壊も簡単。

効果的なスキル
・水耐性・・・相手は水をとにかく使うので、あれば安心。
気持ちのゆとりのために。

冒頭でも話したように、ロアルドロスは慣れると非常に戦いやすいモンスターです。
2頭クエストでも、そんなには苦労しません。
ハンター初心者であれば、モンスターとの戦いの勉強役にはもってこいの相手です。
恐れずに堂々と正面から戦える相手ですので、大きいバナナが近寄ってきたら思いっきりひん剥いてあげましょう。

このロアルドロスが怖くなくなれば、ハンターとしてひとつ皮が剥けたと言えますよ。

まとめ

・ロアルドロスにはウチケシの実を持って行こう。
・弱点は火属性で全体的に皮膚は柔らかいが、背中は特に効く。
・部位破壊はトサカ・たてがみ・尻尾。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする