リオレウス希少種が強すぎる!困ったときの倒し方5つのポイント!

出展元:http://sarrys.blog33.fc2.com/blog-entry-2132.html

銀レウスこと、リオレウス希少種は強いですね~。

でも防具が欲しい!と言う方が後を絶ちません!どうすれば簡単に倒すことが出来るのか、お悩みの方も多いはずですね!

今回はリオレウス希少種の攻略の方法を5つのアドバイスでお伝えします。

スポンサーリンク

銀レウスこと、リオレウス希少種について

通常個体のリオレウスが進化し、銀色に輝く体を持った飛竜種のモンスターです。

炎ブレスを吐き、尻尾を振り回し、毒で攻撃をしてきます。

また、羽を広げて飛び立ち攻撃をしてきたり、大きな咆哮をします。

このリオレイア希少種の一式装備で、発動するスキルは

・弱点特効…モンスターの弱点部位を攻撃した時に会心率が50%上昇します。

・超会心…攻撃がクリティカルヒットだった場合、与えるダメージが1.4倍になります。(通常は1.25倍)

・気絶倍加…気絶を回復するために必要なボタン連打が倍になります。

他の防具と組み合わせて、この「超会心」を発動させるために頑張っているハンターさんもいることでしょう。

出展元:http://xov.jp/e/1012/

ポイント① スキル発動を十分にしておこう!

ガンナーはまだしも、近接武器を使うなら、やはりスキルはしっかり発動させておいた方が安心できますね。

リオレウス希少種の推奨スキルは

・毒無効

・龍耐性大

・火耐性大

・風圧無効

・高級耳栓

・心眼

のこの6つです。

これらのスキル発動を考慮すると、防具は黒炎王シリーズがおすすめですね。

ただし龍耐性がとても低いので、ネコ飯でしっかりフォローさせたいですね!

リオレウス希少種は体がとても硬いので、心眼を付けておくと弾かれることもないので安心できますね!

ポイント② 攻撃パターンを予測しよう!

・咆哮…体を反り返し大きく息を吸ったら咆哮をします!そしてバックジャンプ→火炎ブレスの攻撃が来ます!高級耳栓があっても頭を狙いに行くと被弾するので注意しましょう!

・噛みつき…右半身に体を傾けたら、噛みつきの合図です!炎を吐きながら噛みつきをしてきますので注意してください!

・回転しながらの尻尾攻撃…リオレウス希少種が後ろをチラっとみたら、回転しながらの尻尾攻撃です!しっかり回避しましょうね!

・滑空…空中にいる時に、一瞬後ろ側へ体を反らします!

など、良く観察してみれば予備動作があります。

予備動作を知ることで、回避しやすくなるので重要ですね!

出展元:http://gastnoch.com/mh/

ポイント③ アイテムはフルに使ってしまおう!

リオレウス希少種に有効なアイテムは、閃光玉、シビレ罠、落とし穴です。

クエストに行くときは、追加調合分も含めて十分に持っていきましょう!

閃光玉は、空中にリオレウス希少種がいる時に、しっかり投げてダウンさせて攻撃チャンスを稼ぎましょう!

これをするだけで、クエストの成功度が変わると言ってもいいほどです。

ちなみに調合分のレシピは

・閃光玉…素材玉+光蟲

・シビレ罠…トラップツール+雷光虫

・落とし穴…トラップツール+ネット

です。

閃光玉は10個まで、シビレ罠と落とし穴はそれぞれ1ずつ、調合分を持ち込むことが出来ます。

ポイント④ 弱点や弱点属性を知ろう!

リオレウス希少種の弱点は「頭」「翼」「尻尾」「背中」です!

弱点属性ナンバー1は「水」です!ナンバー2は「雷」、その次に「氷」です!

水の武器と言えば「タマミツネ」や「アマツマカヅチ」ですね。

雷の武器と言えば「ライゼクス」や「ラージャン」でしょうか。

氷の武器と言えば「ガムート」や「ウカムルバス」ですね。

大体この素材を集めるのに苦戦する方も多いので、武器が作れない場合は無属性も武器でもいいかもしれませんね。

ポイント⑤ 有効な状態異常属性も知っておこう!

リオレウス希少種に有効な状態異常属性は「麻痺」「毒」「睡眠」「滅気」です。

毒はモンスターの体力を徐々にですが削ってくれますし、麻痺や睡眠は拘束出来て便利ですね!

滅気は、モンスターの疲労を誘発する効果が有ります。

麻痺の武器は「ガララアジャラ」の素材から作ったものや、野良アイルーたちが落とすチケットなどから作成できます。

睡眠の武器は「ホロロホルル」が無難でしょう。

リオレウス希少種の倒し方まとめ

・スキル発動は出来るだけ十分にしてから挑もう!

・攻撃パターンをチェックし、被弾を免れよう!

・クエスト成功度をアップさせるために、アイテムは十分に持っていこう!

・弱点を狙ってどんどん攻撃しよう!

・弱点属性や状態異常属性の武器を使うこともおすすめです!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする