モンハンの太刀を極めろ!!太刀厨によるこれで完璧?使い方講座!!

https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Flivedoor.blogimg.jp%2Fmonhan2ch%2Fimgs%2Fc%2F3%2Fc32764cb.jpg&twidth=1000&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r参照元

今回は太刀の使い方などについて書いていきます!
出来ればタイトルは太刀を極めし者にしたかったのですが、G級をノーダメージでクリアすることが出来ないので止めました(´・ω・`)ショボーン
太刀を使う理由は様々ですが、自分の場合は使いやすさが一番の理由です。
使いやすさの次にカッコよさですかね笑
初めて使う人は太刀のゲージやガードが出来ないといった所に戸惑うかもしれません。
今からそれを含めて使い方を説明します。

スポンサーリンク

太刀の長所・短所

まずは太刀の長所と短所を見てみましょう。

長所
・太刀を抜刀してる時の移動速度がある程度早く、立ち回りやすい
・リーチが長い
・練気ゲージを消費すると弾かれなくなる
・回避行動をとりやすい

短所
・チームでいくと他のプレイヤーに自分の攻撃が当たったりする
・ガードが出来ない
・他の武器と比べて突出した所があまり無い

こんな感じですかね。

まず太刀はある程度の火力を持って回避も出来る方が良いという人向けです。
火力重視なら大剣やハンマー、ガード重視ならランス、遠隔戦重視なら弓やボウガン、スピード重視なら双剣、バランス重視なら片手剣、特殊効果やサポートなら笛です。
基本どれも使いこなせば強いですが、特化してる分癖があるので慣れが必要になってきます。
太刀はモンハンで基本行動として必要とされている攻撃と回避がとりやすいので武器として使いやすいと思います。
あとは全クエストを通してある程度通用することですかね。

さて、メリットとデメリットを簡単に説明したところで今度は使い方です。
太刀の攻撃動作は6種類あります。

踏み込み斬り

所謂抜刀斬りですね。
これはどんなモンスターに対しても使う技になります。
例えばスピードの速いモンスターや中々隙を見せないモンスターが一瞬止まった時に、走って一気に距離をつめて抜刀斬りをするといった感じです。
抜刀切りをした後すぐに回避行動をとってまた一定の距離をとるという戦法を上位クエスト辺りから使います。

縦切り、突き、斬り上げ

抜刀切りの後に続く攻撃ですね。
これはモンスターにダメージを蓄積させる事が出来ますが、こちらの隙が大きくなりスピードの速いモンスターとかが相手だと攻撃をくらってしまいます。
モンスターがひるんだりしているときに使うと良いです。

斬り下がり

これは踏み込み斬りと同じくらいの頻度で使います。
特に踏み込み斬り→斬り下がりのコンボは上級やG級になってからかなりの頻度で使うでしょう。
自分はナルガクルガやティガレックスといった速いモンスターを狩るときは、このコンボを重視しました。
安定を求めるならオススメのコンボです。

気刃斬り

これは練気ゲージが溜まると使用することが出来ます。
モンスターの肉質が硬かろうが問答無用で斬り、弾かれ無効にすることが出来る便利な攻撃です。
さらに練気ゲージをマックスにすることで一定時間1.1倍の切れ味補正がつきます。
バサルモスやグラビモスといったモンスターもこの攻撃を使えば弾かれません。

以上が太刀の攻撃の種類です。
次に攻撃パターンです。

攻撃パターン

普通の時
踏み込み斬り→縦切り→突き→斬り上げ→斬り下がり

踏み込み斬り→斬り下がり

踏み込み斬り→縦切り→斬り下がり

踏み込み斬り→縦切り→突き→斬り下がり

気刃の時
気刃斬り→突き→気刃斬り2→斬り上げ→気刃斬り3→斬り下がり

気刃斬り→気刃斬り2→気刃斬り3

気刃斬り→突き→斬り下がり

気刃斬り→突き→気刃斬り2→斬り下がり

気刃斬り→突き→気刃斬り2→斬り上げ→斬り下がり

気刃斬り→突き→気刃斬り2→斬り上げ→気刃斬り3→斬り下がり

上位クエストだと普通の時は踏み込み斬り→斬り下がりの2コンボ、気刃の時は隙を狙って全部の攻撃を叩きこみましょう。

立ち回りはモンスターの近くにいる時は抜刀して後ろ側に回り込み攻撃するのが良いでしょう。距離が離れている時は太刀を収めましょう。
スピードが速く隙がない場合は上記とおりの2コンボを使用しましょう。

太刀を使う時は防具に心眼をつけると良いです。
弾かれる事が無くなります。
そして常に砥石をアイテムに入れておきましょう。

以上太刀の講義でした!!
最後に一言・・・太刀はロマンです!!!!!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする