スポンサーリンク




MHRize

【モンハンライズ】HRって何?上げるメリットは?皆の疑問を解消

皆さんこんにちは!
今回はHRについてご紹介します。

クエストをこなしていくと同時に上がっていくHRですが、これって何のためにあるのか、最初はよく分からない人もいるかもしれません。

また、HRが999まで上限解放した後は上げる必要があるのか疑問に思う人もいるかもしれません。

そこで本記事では、HRとは何か、HRの上げ方、上げるメリット、効率の良い上げ方をご紹介します。

HRとは?


HR(ハンターランク)とは、ハンターズギルドが認めたハンターの実力・経験を数値で表したものです。

単純に数値が高ければ高いほど強いハンターであることを表します。

マルチプレイの時にはHRが他のプレイヤーに見られるので、自分の強さを他のプレイヤーにアピールしたり、他のプレイヤーがどれだけ強いのかを見ることができます。

HRの上げ方


HRは1~7までは里クエスト、または集会所クエストの各レベルのセレクトクエストを一定数こなした後に出現する緊急クエストをクリアすると上がっていきます。

集会所★7の緊急クエスト「雷神」をクリアするとHRの上限が解放され、最大20まで上げられるようになります。

そこからはクエストをクリアするごとにポイントが入るようになり、一定ポイントが溜まるとHRが1上がるようになります。

さらに、HRを上げていくと出現する緊急クエストをクリアすると、HRの上限が解放されていき、最終的に999まで解放されます。

ちなみにHRの上限が途中までしか解放されていなくてもポイントは溜まっていきます。
上限解放されると溜まった分のポイントが集計され、一気にHRが上がります。

しかし★7クエスト「雷神」をクリアする前はポイントは溜まりません!
なのでHR20までの解放はなるべく早くしておくことをおすすめします。

上げるメリット


HRを上げるメリットは、受注できるクエストが増える点です。
最初は里クエストと集会所の下位クエストしか受注できませんが、HRを上げていくと集会所の上位クエストを受けられるようになります。

また、上限解放した後もHRを上げていくと新しいクエストが追加されていきます。
今後もアップデートでクエストが追加されると思うので、HRは上げておくに越したことはないでしょう。

ちなみにHRに差があるフレンドとクエストを一緒にこなす場合、受注するクエストはお互いに参加条件を満たしたクエストのみになります。

中にはHR8以上が参加条件のクエストもあるので、HRを上げていない場合はクエストに参加できないこともあります。

その1つにバルファルクのクエストがあります。

私は友人と一緒にバルファルクのクエストを受けようとしたことがあります。
友人にバルファルクのクエストを受注してもらい、私はクエストボードから参加するつもりでした。
しかし当時の私のHRは4だったので参加できませんでした。

このように、クエストによってはHRが一定以上でないと参加できないものがあり、マルチプレイでHRが低いプレイヤーはクエストに参加できない場合もあります。
なので、HRは上げておくに越したことはありません。

効率のいい上げ方


HRの上限解放後は、クエストをクリアするごとにHRが徐々に上がっていきます。
基本的にはヌシモンスターが出現する百竜夜行をクリアしていくと効率良くHRが上がります。
その中でもヌシ・ディアブロスやヌシ・ジンオウガが出現する百竜夜行はかなり効率が良いです。
ただクリアするだけでも良いですが、サブ任務を全て達成してからクリアすると一気にHRを上げることができます。

1人で百竜夜行をやるのが厳しいという方は、集会所の高難度クエストをすべてクリアすると出てくる「高難度:ヌシの名を戴くもの」をクリアするのが良いです。
百竜夜行とほぼ同じ効率でHR稼ぎができるのでおすすめです。

以下にHR上げに効率の良いクエストを検証してランキングにした動画があります。
ぜひ参考にして下さい。

まとめ

  1. HRとは、ハンターとしての実力・経験を数値で表したもの
  2. HRは1~7までは緊急クエストをクリアするごとに上がり、集会所★7緊急クエスト「雷神」をクリアすると上限解放される
  3. 上限解放された後は、クエストをクリアするごとにポイントが入るようになり、一定ポイントが溜まるとHRが1上がるようになる。
  4. HRを上げると、受注・参加できるクエストが増える。
  5. HRの効率の良い上げ方は、百竜夜行をサブ任務全達成してクリアするか「高難度:ヌシの名を戴くもの」をクリアすること

これでHRが何のためにあるのか、上げる必要はあるのか疑問に思う必要はありません。

HRを上げて、強いハンターになってくださいね。

スポンサーリンク