ライゼクスが苦手な方必見!! 弱点部位などについて解説致します

出展:http://www1.capcom.co.jp/monsterhunter/X/monster/main/03.html

今回はMHXから登場したモンスター、ライゼクスについてその攻略方法をご紹介したいと思います。

ライゼクスって派手な攻撃が豊富でかっこいいですよね!

しかし、その派手な攻撃がよくわからなくて苦戦する方がいらっしゃるんじゃないでしょうか?

そんな方は是非こちらをご覧ください。

スポンサーリンク

ライゼクスの弱点部位・属性について解説!!

ではまずは弱点部位についてです。

切断…頭部、翼(帯電時)、尻尾(帯電時)

打撃…頭部、翼(帯電時)、尻尾(帯電時)

弾 …頭部(帯電時)、尻尾(帯電時)

一貫して頭部が弱点のモンスターですね。しかし、全体的にダメージが通りやすい部位がほとんどありません。さらに、通常時は弾による大ダメージが通る部位がありません。そのためガンナーで行くことはオススメしません。

次に弱点属性ですが、ライゼクスの弱点は『氷』です。氷意外の属性は全くと言っていいほど通らないので属性武器を担ぐなら絶対氷にしましょう。

状態異常の耐性は全体的に高くなく、そこそこ通りやすいので氷属性の武器が用意出来ない場合は状態異常武器を担いで行くのも良いでしょう。

オススメ武器やスキル、スタイルについて!!

出展:http://game.capcom.co.jp/manual/MHX/common/game/10201_1.png

まずはライゼクスを挑むのにオススメする武器を紹介します。

片手剣…後ほど詳しく解説致しますが、ライゼクス戦ではライゼクスからなるべく離れないように戦うことが重要です。そのため片手剣は隙が少なくライゼクスに張り付いて戦えるのでオススメします。

大 剣…先ほど弱点部位を解説しましたが、頭部、翼(帯電時)、尻尾(帯電時)がライゼクスの弱点部位となります。頭部以外の弱点は比較的高所に位置しているのでリーチの長い大剣は簡単に届きます。

太 刀…基本的には上記の大剣と同じでリーチが長いことからオススメ出来ます。大剣に比べると初心者でも扱い易い武器です。しかし、気をつけて欲しいのはゲージを溜めようと無理して攻撃し続けないことです。

そして、先ほども少し解説したのですがガンナーはオススメしません。弾によるダメージが通りにくいうえにライゼクスは中~遠距離攻撃が多いのでガンナーで挑むと苦戦が強いられます。

それでは次にライゼクス戦であると便利なスキル、戦いやすいスタイルをご紹介します。

回避性能…ライゼクスの攻撃は持続時間が短いものが多く、回避性能+1を付けるだけでもかなり楽に攻撃が避けれるようのなります。また、F回避することで攻撃後の大きな隙を突くことができます。

雷耐性 …ライゼクスのほとんどの攻撃が雷属性です。雷耐性を付けておくことで受けるダメージを減らせるうえ、属性やられを防ぐことができるので余裕があれば付けておいて良いでしょう。

気  絶…ライゼクスと戦うと雷属性やられなどで気絶してしまう機会が多いので、気絶して動けなくなってから一気に体力を削られてしまいかねません。雷耐性が付いている場合は無くても良いでしょう。

次にスタイルについてですが、これはやはり『ブシドースタイル』がオススメです。スキル回避性能について記述したときも解説したのですが、攻撃の持続時間が短いので、回避時の無敵時間が多いブシドースタイルで挑むと倒すのがグンと楽になります。もしブシドースタイルで挑む場合は回避性能が必要なくなるのでその分は他のスキルに回しましょう。

立ち回りについて!! ○○のときは気をつけよう!!

ライゼクス戦での立ち回りについてです。先ほども少し解説しましたがライゼクスは中~遠距離が得意なのでライゼクスの足元にぴったりくっついて離れないように戦いましょう。足は弱点部位ではないですが、攻撃が当たりにくいです。ド派手な攻撃が多いライゼクスですが意外と足元がお留守です(笑)

そしてライゼクス戦で気を付けて欲しいのが雷を纏った帯電状態です。攻撃力が上がっているうえに、壁に激突するほど吹き飛ばされるようになるので注意です。この状態で一回攻撃を喰らうと次の攻撃が避けにくくなるのでなるべく喰らわないよう心がけましょう。

帯電状態は帯電している部位に一定ダメージを与えると解除されるので帯電している部位は優先的に狙って素早く解除してしまいましょう。

まとめ

1.武器はガンナー以外で!!
2.回避性能かブシドースタイルは必須!!
3.足元に張り付いて帯電状態に気をつけよう!!

以上になります。そこまで倒すのが難しいモンスターではないので上記のことを意識して戦えば簡単に勝てるようになりますよ!!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする