スポンサーリンク




MHRize

【モンハンライズ】ティガレックス攻略〜これさえあれば何もいらない〜

出典元:https://twitter.com/MH_Rise_JP/status/1347816116119166976?s=20

ティガレックスについて

出典元:http://monhan-mhw.com/archives/85303663.html

咆哮 風圧 振動 状態異常 属性やられ
特大* あり なし なし 火・水・氷

*ティガレックスに触れられる範囲にいるとダメージを受ける。
鼓膜が破れるんだろうか・・・?

属性やられは
前脚で地面を抉り取り、そのままと飛ばしてくる攻撃にのみにある。
攻撃手段の都合上、マップに依存している。

溶岩なら火やられ
雪玉なら氷やられ
水切りなら水やられとなる。
上記以外は、ただの岩塊なので属性やられの判定はない。

出現マップ

マップ名 移動エリア 休息エリア
寒冷群島 3・4・5・6・7・8・9・10
砂原 5・6・7・8・9・10・11・12 12
溶岩洞 3・6・7・8・11・12・14 10

弱点早見表

◎>○>◇>△>✖️

切断 打撃
✖️ ✖️
前脚 ✖️ ✖️
胴体 ✖️
背中 ✖️ ✖️ ✖️
後脚 ✖️ ✖️ ✖️
尻尾 ✖️ ✖️ ✖️ ✖️
尾先 ✖️ ✖️ ✖️

弱点属性:雷
弱点部位:頭≧前脚

雷属性で頭を叩け!

がティガレックスの倒し方になる。
また『打撃>切断』と表では分からないけれど、肉質は打撃に弱くなっている。

打撃武器はスタミナを奪いやすく、激しく動くティガレックスとは相性も良いため
ハンマーや狩猟笛が苦手じゃないのならオススメ!

尻尾が欲しいのならチャージアックス(榴弾)一択。

スタンもとれるので率先として頭を狙い・・・たかったな・・・・・・。

機動力が高く、前方に対する攻撃が多いティガレックス相手に
正面へ回り込むのは得策とは言えないのが現実なのである。

アイテム有効度

閃光玉 シビレ罠 落とし穴 罠肉 こやし玉 音爆弾
✖️

出会い頭に閃光玉は結構オススメ。
縦横無尽な暴れ具合の範囲が大人しくなり
正面にいなければさほどダメージを受けない。

その間に、罠ハメを重ねて即怒り状態に持ち込みたところ。
氷やられに出来れば怒り中の化け物火力も
鈍足化により難なく対処が効くようになるだろう。

エリア移動を終えたら、シビレ肉を撒き散らしておこう。
雷毛コロガシも用意できたらしておきたいところ。

怒り時の咆哮はフレーム回避or罠抜けした段階で追わなければダメージは受けないぞ!

状態異常有効度

気絶 麻痺 睡眠 爆破
滅気 火やられ 水やられ 雷やられ 氷やられ

雷やられと爆破属性がティガレックスには有効と出ているけれど。
とりあえず、筆者はボムガスガエルをオススメする。

何故なら
毒よりもスリップダメージが高く、爆風を当てると転倒するからだ!

あとは氷やられの鈍足化。
もちろん、罠ハメ中の雷やられ付与頭部攻撃は鉄板。

水やられに関しては前脚に備えられている翼刃以外効果を発揮しないため
無理に用意する必要は今回ない。

ガンナーの話になるけれど
ティガレックスは運動量に対してスタミナ自体は少なく設定されているので
滅気攻撃を絡めつつ、突進を誘えば早々にヘトヘトレックスが出来上がるぞ。

なお、ヘトヘトレックスは突進中極端な旋回をしようとすると
転倒するのでガンナーはサクサクスタミナを使わせてしまおう。

走り回わらせるだけでは可哀想なので
シビレ肉を用意してあげるんだぞ! いいな!

部位破壊とエキスについて

部位 備考 エキス
ひるみ値1回分の耐久値で損傷
前脚 ひるみ値2回分の耐久値で破損
胴体 部位破壊はない
後脚 部位破壊はない
尻尾 切断属性でひるみ値2回分で欠損

注意事項は
尻尾への攻撃が根本すぎると胴体に吸われるという点だ。

尻尾の切断が出来れば、旋回攻撃の当たり判定が縮小するので率先として切ろう。

そのほかの部位破壊は攻撃の威力やモーションに何ら影響が出ないため
報酬を気にしないのであれば無視していい代物。

前面に位置する頭と前脚は弱点とはいえ
0フレーム攻撃(ノーモーション攻撃)が存在するティガレックス相手には
あまり得策にはならない(2回目)

立ち回りについて

剣士編

基本的には、ティガレックスの右後脚に張り付くことがオススメ。
極力尻尾側から攻撃するようにしないと
噛みつきの前進に巻き込まれてしまう。

また怖いのは旋回攻撃だが、実はあれ
尻尾の付け根の下あたりにいると当たらない。

もし、それでも怖い場合は予備動作確認後
尻尾と同時に尻尾の旋回方向に前転すれば当たらないぞ!

ガンナー編
正直、右回りで勝てる。

突進攻撃はティガレックスの左手側に逃げるようにしよう。
前進が右手始まりなので、左側の方がかわしやすい。

また、突進中の旋回は90度以上の方向転換が不可能なので
極力後ろになるように立ち回ろう。

あとがき

筆者にとってレックスはフレーム回避の師匠だ。
まずはダメージを受けないように戦うとフレーム回避が覚えられるぞ!

スポンサーリンク